最近、手書き風(手描き風)POPの依頼を多くいただいております。広告手法としての認知は、書店のスタッフが書いた本の感想POPからのように思いますが、今や至る所で店員の手書きPOPを見かけます。
ヴィレッジヴァンガードの手書きPOPは特に有名ですね。
 我々が依頼を受けるのは「手書き風POP」です。手書き「風」というところがポイントです。
通常、手書きPOPとは店舗のスタッフがそれぞれ文字通り「手書き」するものです。スタッフならではの新鮮かつ親近感のある表現が非常に的を射ていて生活者に突き刺さるPOPが多く、「スタッフが書いた風のデザインにして欲しい」との依頼が多くあります。
 店舗スタッフ手書きPOPが好まれる理由として、大きく分けて以下の3つがあると思います。

1)信頼感
 メーカー目線ではなく、売場目線、生活者目線が信憑性を増幅させます。

2)親近感
 手書き文字・イラストにより、温かさ、信頼感、生活者への愛情が伝わります。

3)アテンション
 “ごちゃごちゃ感”が売場で目を惹き、買い物好きの購買意欲を高めます。

 POPファクトリーでは、上記の効果を生み出す手書き風POPを、プロのデザイナー・コピーライターがあえて狙って制作します。表現のチェックも行いますので、親近感がありながら、不当な広告表現を避けることもできます。まずはお気軽にご相談ください!


■手書き風POPデザイン例


手描きPOP

お問い合わせ03-3814-6800